La brioche.

2019.10〜世界一周へ (おやすみ中) ___ 料理教室体験をnoteで書いています。ブログアイコンはClaude Monet人形。

食卓日誌 9月

思いついては3日坊主になりますが、食卓日誌を掲載します。10日分。

f:id:voir-en-rose:20201001151523p:plain

外食がブルーでおいしかったのがオレンジ。中食は無色だけど、これも色分けしたいな。私はほとんど家仕事しかしていないので随分色々作っている。(いや、焼きそばが2日続いているし、ラーメン食べすぎだ。)

今後老いるまでは、今が一番時間があるときだろうと思う。

 

おいしかったメニューを貼る。

久しぶりにパンをf:id:voir-en-rose:20200926073955j:plain冷蔵庫で48時間位熟成。こねなくて良いのでセミハードは助かる。最近は菓子を作る時間が増えたので、パンをこねる気があまり置きず。

もっちりとしておいしい。粉はタイプERがなく、E65で添加物(補助剤)が入っていないのでちょっとボリュームが足りないかな?でも夫も美味しいとのことで安心。

今回は豚鶏ひき肉で作ったけれど、合い挽きの方が圧倒的においしかった。

料理と呼んでいいのか…出汁がおいしい。皮を向いたナスはふだんとちがってよそ行きで上品なおいしさ。

大原千鶴さん。京ごはん=シンプル=素材勝負=ごまかしが効かないの図式で避けていたけれど、おいしくできた。

こんな料理を作っていきたいなぁと思う。調味料の味で食べるのでなく、旨味強めの素材と穏やかな味の素材をあわせて、染み込ませる。

そればっかり食べてたらまっとうな人間になりそうですね。マヨネーズやにんにくじょうゆや化調ももちろん食べましょう。時たま。

かぶや白菜がおいしい気候になってきた。f:id:voir-en-rose:20200930105220j:plain料理の味を決めるのは塩加減が絶対ですが、お菓子はなんだろう?と思う。甘さと酸味か。

このグラタンは味付けが塩だけですので、味見しながらお好きな加減に。

ごぼうの唐揚げは薄めに切ってにんにく醤油を利かせたこちらが我が家の定番ですが、「きょうの料理」でごろごろ切って生姜醤油というのをやっていたので試す。

ほっくり秋の味。たまにはいいかも?だけれど、にんにく醤油かな。

 

そもそも、明日から暫く旅行に行くというのをあまり意識してなく料理をしていて、一昨日くらいに「お、野菜大丈夫か?使いきれるか?」と気づいて、それからは冷蔵庫使いきり献立と相成りましたとさ。

こちらのラーメンがとってもおいしかった。エビが大好きなので、「赤海老鮮魚あわせ蕎麦」なるものがたまらなく好みでございました。家じゃ無理です。f:id:voir-en-rose:20200930061551j:plainラーメン店の近くにパン屋を見つけくるみパンを。楽天買い回りセールで夫が入手してくれたコーヒーやはちみつで豊かな朝食周り。

 

冷蔵庫すっきりいい気持ち。

2020/9/22 山下公園とアクアパッツア 

気持ちの良い秋晴れに自転車でお出かけ

中華街〜山下公園へ出掛け、朝ごはんを食べた後ゆっくり寄り道しながら、途中ビールなど買いつつ、ぶらぶら歩いて帰宅。山下公園の秋バラはあと1ヶ月後くらいのよう。

f:id:voir-en-rose:20200922085856j:plain

f:id:voir-en-rose:20200922085608j:plain

f:id:voir-en-rose:20200922085624j:plain

f:id:voir-en-rose:20200922090735j:plain

f:id:voir-en-rose:20200922090643j:plain蛾のようなものをいつの間にか撮っていた。

f:id:voir-en-rose:20200922101753j:plain船の中が気になる。お宅訪問したい。

f:id:voir-en-rose:20200922112430j:plainシャンパ酵母で華やかフルーティー。瓶でしたが、シャンパングラスで飲みたい感じ。

 

21日は夫が堤防釣りにでかけて鯖&カサゴを釣ってきてくれたので、夜に格闘。当日は足の早い鯖をみぞれ煮に、小アジをフライに。

今宵はカサゴをアクアパッツアとお刺身で。アクアパッツア、切り身では作ったことがあるけれど、一尾丸々は初めて。食べてみるとちょっと生臭く、あれあれ…と思ったけれど、どうやら煮汁にあまり浸かっていない上半分がそのようなお味で、しっかり浸かって煮込まれた部分はおいしい味わいだった。次回があれば途中で身をひっくり返すことにしましょう。

カサゴは良いだしが出ることで有名らしく、煮汁が大変美味しく、夫の提案でショートパスタを入れて〆にいただきました。

魚をさばくのはとても大変で、最中は不穏な空気を放出してしまうのだけど、出来ることが増えていくのは嬉しいことです。内臓の仕組みも魚ごとに違って、ちょっとグロテスクながらも興味深い。

料理の幅を広げさせてくれてありがとう、夫よ。f:id:voir-en-rose:20200922184322j:plain

f:id:voir-en-rose:20200921160256j:plain


21日の午前中は前述のとおり一人だったのでNetflixでフランス映画を流しながらあんこを炊いたり、お菓子の試作をしていた。

f:id:voir-en-rose:20200921070100j:plain

どちらもイザベル・ユペール主演の「エヴァ eva」と「エル elle」。彼女、御年60代後半だが、美しいよなぁ。どちらも彼女を魅力的に描き、20歳以上年下の男に惚れられる役柄で、多くの日本人にとっては「おいおい、そりゃないだろう」という感じかもしれないが、マクロン大統領夫妻のご年齢差もそうだし、以前フランス語を習っていた30歳くらいのフランス人の先生も「イザベル・ユペール最高♡」って感じだったし、向こうでは「ない話ではない」のだろう。メインストリームかと問われれば分からないけども。

「elle 」は変態的な映画だが、公式サイトのコメントに江國香織氏の掲載があり、あぁ、なんか似ているなと思った。彼女の小説で生血は流れないけれども。自然な狂気。
久しぶりにフランス語のシャワーを浴びて気分が良かったのでした。