Love brioche.

2019.10〜世界一周へ ___ お菓子から世界を学べたら嬉しい。日常の余分なものが好きです 。

〜マレーシア マラッカで街歩き〜 プラナカンの伝統菓子を楽しく学ぶ

マラッカ3日目はAirbnbで予約した、ニョニャ料理の伝統菓子教室へ。

 

https://abnb.me/Z2P4kN92D0

みっちり3〜4時間で3千円くらい。

 

ニョニャ・クエから、3品教えてもらいました。

ニョニャはマレーシア×中国のフュージョン文化のこと、クエはお菓子のこと。

 

・クエ ラピス  ー赤いココナッツ餅

・パイナップルケーキ

・オンデオンデ ーココナッツのもじゃもじゃ白玉

 

先生はお母さんから教わったとのことで、マレーシアの広くきれいなお家でのんびり教わりました。

マレーシアの人は英語がとっても上手。

私の英語は赤ちゃん並ですが…

・得意なお菓子分野ということでワードが想像しやすい

・先生のジェスチャーが分かり易い

・簡単な英語を話してくれる

という感じで問題なく楽しく受けられました。

↑写真も沢山撮ってくれる。

 

材料は

・パンダンリーフ

・グラメラカ(マレーシアの黒糖のようなもの/パームシュガー)

米粉

・ココナッツミルク

なんかが本当に多用されていて、特色豊か。

先生から地元ならではの話や、材料の詳しい話もたくさん聞けたので、noteなど、別の媒体でまた詳しく書きたいと思います。

 

この日から連日マレーシアでは夕方から夜の豪雨。

先生に教わった蟹料理を食べに行こうとしたら、雨が強烈すぎて出られず。

レジデンスの1階はベジタブル料理のレストランだったので夜はここで食べることに。

きのこのエビチリやニョニャ風野菜炒め、チャーハン。

 

中華・マレー系のベジ料理ははじめてだったけど、油や調味料で「濃い味」がスタンダードな料理ジャンルの為か(もちろん良い店でもある)、満足感高いベジ料理だった。

(世界各国の旅行者が来るのでベジタブル料理に一定のニーズがあるようだった)

 

翌日はマレーシアの首都クアラルンプールへ。